Now Loading...

Now Loading...

ぶらり会社周辺情報

【ぶらり会社周辺情報】ワイドから出てスグ

こんばんは。ますおです。
さて、タイトルにあります通り、
ワイドの目の前には南京町があるんですね~。

南京町

私(兵庫県民ではない)は南京町のことを今まで「中華街」と呼んでいました。
が、元町界隈の人らはここを「南京町」と呼んでいます。というより、それが正式名称のようです。
出典:ウィキペディアなので真偽は分かりませんが、以下の記述があります。
中華街とは、非中国人地域における華僑・華人の街のこと。
他に、唐人街、華埠、中国城、南京町などと呼ばれる。
この後、南京町については、現在でも南京町(なんきんまち)という名称を使用しているのは、
日本の神戸の中華街のみで、南京町商店街振興組合(日本神戸市中央区)が登録している商標となっている。
…と、
中華街が総称で、南京町というのも昔は総称。
で、今は南京町が神戸中華街の固有名称ってことなんですかねー。
はい。
名前の話でお茶を濁しましたが、今日お伝えしたいのはコレ↓です。

春節

毎年この時期はどこの中華街も盛り上がっているのではないでしょうか!
南京町での催しは画像のリンクから公式サイトに飛んで確認して頂ければと思いますが、
その中で私が1番気になったのは↓です。
福袋、好きなんですよ。
開けるときワクワクしませんか?
今回注目すべきはその値段。
2018年にちなんで2018円…
な・の・で・す・が!
なんと!
祝30回を記念してそこから割り引いちゃってるんです…
なんと!
30回ということで30円引き…
1988円!!
い、粋だ~…
そして、お得だ~…
買うべし!

去年の春節

去年の春節の時期にフラっと南京町に入ると、

抽選会をやってたんですよね。

300円くらいでガラガラを引いて、当りが出たら豪華景品がもらえるシステムだったと思います。

去年これに参加したのは覚えてるんですけど、どうも何が当たったのか思い出せないんですよねー…

ということは、恐らく残念賞を引いたんでしょうねー…

今年も抽選会はあるんでしょうか。

あればリベンジしたいですね!

この記事を書いた人:ますお

2016年に中途入社。齢30を過ぎ、老いが気になり始めました。


TOP